マナブ式FX完全マスタープログラム

国債を貯蓄先に選ぶ個人向け国債のすすめ 

安全性、収益性で考えたら断然国債投資でしょう。国が保障してくれる利回りのよい投資です。これをわかりやすく解説します。

サイトマップ

発行市場と流通市場

国債には発行条件などを決定する発行市場と既発債を取引する流通市場がありますが、この2つの市場の関係についてこれから、説明します。



2つの市場は無関係なように思えますが、片方の市場の動きがもう片方の市場に大きな影響を与えるという密接な関係があります。

具体的な例として、流通市場の利回りの変動は新発債の発行条件に直接影響しています。

たとえば、9月に発行する10年物国債の発行条件は、8月に発行された国債である新発債の流通利回りが、最も参考になります。

8月の発行債の表面利回りが1.5%で、利回りも1.5%であったならば、九月の発行債の表面利回りは据え置かれると思われます。

8月の発行債の表面利回りが1.3%になるという様な国債の表面利率が下がるのは、国債が買われるときだけで、利回りが表面利率より下がるということは国債が買われることによって、価格が上昇することによって発生します。

また、8月の発行債の表面利回りが1.7%という様な国債の表面利率が上がるのは、国債が売られることによって、価格が下落することによって発生します。

通常、国際の表面利率は新発国債の利回りの市場実勢に近い水準で決定されます。

例えば、流通利回りが1.45%の場合、国債の表面利率は0.1%単位のため、表面利率を1.45%にするのではなく、表面利率と流通利回りとの差は発行価格で調整します。



つまり、表面利率を1.5%にするオーバー・パー発行か、1.4%にするアンダー・パー発行のいずれかです。

決定するのは利回りの傾向(上下)により決定します。

機関投資家などは、オーバー・パー発行の場合でも、高い表面利率を選択する傾向があります。

過去には、表面利率が大きく変動することが多く、0.3%以上変動することがよく見られました。

中期国債や超長期国債の発行条件にも流利回りが強く反映され、流通市場は発行条件の変動に大きな影響を与えています。

また、発行市場も流通市場に大きな影響を与えています。

具体的な例として、補正予算に国債の増発が組まれた場合、悪化する国債の需給関係に嫌気して、流通利回りが上昇する場合です。

なかでも、流通市場に金利先高観が広がっている場合には、予算も国債の発行額にも過剰に反応します。

財政出動は長期金利が上昇する要因に、歳出削減は金利の低下や安定の要因になると思われます。

市場の予測と異なって決定した表面利率の水準の場合も、流通市場が大きく異なって決定を基に、大きく変動する場合があります。

予想外の表面利率の引き上げは、国債市場を離れたていた投資家を引き戻す可能性があり、逆に予想外の表面利率の引き上げは、投資家の買い気をそぐ可能性があります。

以上のように、長期金利の水準は密接な関係にある発行市場と流通市場の微妙なバランスの上に成り立っています。

金商法対応! 不動産信託受益権等売買業(第2種)登録申請書式一式
投資先
国債の安全性
国債は債券の一種
個人マネーが沢山国債を買っている
価格と利回り
国債で集めたお金
利付国債と割引国債
中期国債、長期国債、超長期国債
固定利付債と変動利付債
新発債,既発債
短期化してきた発行年度
国債のリスク
発行条件の決められ方
発行価格は入札で決まる
国債の流通市場
発行市場と流通市場
流通市場の参加者
流通市場の売買中心銘柄
国債の先物取引
現先取引の取引形態
どのようなお金で国債を買うか
国債と預貯金の違い
新発債の購入場所と保管方法
表面利率よりも応募者利回り
国債にかかる税金
国債にかかる手数料
公社債特有の経過利子
既発債を購入する際の注意点
割引国債の利回りとライバル
利付国債の利息を賢く運用
中期国債と長期国債はどちらがいい
国債の利率はどうなる
金利の変動要因はたくさんある
金利上昇は投資のチャンス
個人が国債を買えなくなる恐れはあるか
債券取引もネット化が進展する
待たれる個人向け国債の登場
地方公共団体が発行する公募地方債
特殊法人が発行する政府保証債
特定の金融機関が発行する金融債
事業会社が発行する普通債
円建て外債(サムライボンド)
国債コラムズ
国債投資に役立つ用語集
リンク集

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
マンション 金利




















国債を貯蓄先に選ぶ個人向け国債のすすめ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。